ウーマン

ノロウイルスの症状一覧|冬を楽しむために

予防が大切

悩む女性

11月から発生したノロウイルスのピークは、おおよそ12月から1月だと言われています。感染を防ぐために手洗いを徹底するようにしましょう。また嘔吐、下痢、腹痛などの症状があれば、感染を疑いウイルスを広げないようにしましょう。周りに患者がいる場合は、便や吐ぶつを正しく処理しさらなる感染拡大を防ぎましょう。

詳細を読む

かなり強い感染力

細菌

激しい嘔吐と下痢が特徴

近年急激に聞くことが多くなったノロウイルスは激しい嘔吐や下痢、腹痛が続き小さな子供やお年寄りが感染すると症状が重くなることもある怖い感染症です。ノロウイルスの特徴はかなり感染力が強く感染してから24時間ほどで発症することが多くあまり高熱にならない発熱から始まりその後激しい嘔吐と下痢の症状が続きます。そして嘔吐した吐しゃ物を処理するときに感染することも多く学校や会社など、人が多い場所では更に感染しやすくなるのでノロウイルスの感染者は増え続けていきます。ノロウイルスはかなり悪化しやすく嘔吐や下痢が止まらず体力の低下や脱水症状の心配があるため病院で適切な治療を受け少しでも早く回復するようにしましょう。

少しでも早く治るように

感染力がとても強く症状が悪化しやすいノロウイルスにはワクチンや治療薬はありません。なので感染し発症してしまった時には少しでも軽い症状ですみ回復するような対処法をとることが大切です。嘔吐がひどいときには大量に水分を飲むとさらに嘔吐する恐れがあるので少しずつ飲むようにしましょう。嘔吐や下痢により胃腸が弱っているため柔らかい食べ物や薄い味の胃腸の負担にならない食事をし体力を回復させましょう。そして家族がノロウイルスを発症したときにはマスクをつけ感染を防ぎ吐しゃ物を処理するときにはビニール手袋をしてしっかりと除菌しノロウイルスの感染を防ぎましょう。少しでも早く回復するように感染者へ適切なサポートをしていくことが大切です。

毎年冬に猛威を振るう

マスクをつけた女性

寒い季節になるとノロウイルスが流行します。これは感染力が高く、一度ウイルスが体内に侵入して症状が発生すると、激しい嘔吐を伴います。しかし、ノロウイルスそのものは飛沫感染する事例が多いので、きちんと予防すれば二次感染は避けられるでしょう。

詳細を読む

下痢と嘔吐が激しい病気

ウィルス

感染症であるノロウイルスは胃腸炎の一つと言われており、感染すると風邪と類似した症状を発します。特に下痢や嘔吐といった症状が出たら、ノロウイルスだと疑ってもいいでしょう。感染しやすい年代は、抵抗力の少ない老人や子どもであるため、二次感染を警戒することが大切です。

詳細を読む