下痢と嘔吐が激しい病気|ノロウイルスの症状一覧|冬を楽しむために
女の人

ノロウイルスの症状一覧|冬を楽しむために

下痢と嘔吐が激しい病気

ウィルス

感染性胃腸炎の一種

ノロウイルスの初期症状は、熱が出たり、軽い吐き気があったりして風邪のような症状が続きます。免疫力のある大人であれば、風邪かと思っているうちに治る場合もあります。しかし、高齢者や子供のような抵抗力のない人がノロウイルスにかかると症状は重く、激しい腹痛や嘔吐に見舞われます。潜伏期間は24時間から48時間程度とされていますから、感染してから数日で食中毒のような症状が出ます。食中毒の場合は、トイレに行くとある程度おさまりますが、水のような下痢が続きます。ノロウイルスは、冬に多く発生する感染性の胃腸炎です。下痢や嘔吐がひどければ、病院に行くのもたいへんな状態になります。おなかが痛い段階で病院を受診した方がよいでしょう。

怖いのは二次感染

ノロウイルスにかかると吐き気がして、嘔吐や下痢が起こります。ノロウイルスは、この吐しゃ物にも含まれており、きちんと処理を行わないと、吐しゃ物から二次感染するおそれがある怖い病気です。感染力の非常に強い病気ですから、家族の誰かがノロウイルスにかかると、ほかの家族に移る可能性があります。ノロウイルスにかかった人の吐しゃ物に触れた手で食べ物を触ったりすれば、人から人へと感染します。吐しゃ物で汚れた衣類やシーツは、殺菌消毒を行わないとそこから感染することもあります。集団感染が起こることもあり、自覚症状のないままに他人に移してしまうおそれのある病気です。症状がおさまって治った後も、油断しない方がよいでしょう。