予防が大切|ノロウイルスの症状一覧|冬を楽しむために
女の人

ノロウイルスの症状一覧|冬を楽しむために

予防が大切

悩む女性

感染経路と予防法

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、1年中発生しますが特に冬に流行します。11月ごろから増え始め、12月から1月にかけてピークを迎える傾向にあります。ノロウイルスの感染経路としては、まず患者の便、吐ぶつから人の手を介して感染します。そして食品を調理する人が感染していて、その人を介してウイルスに汚染された食品を食べた人が感染します。さらにウイルスに感染した二枚貝や生もの、また加熱が十分でないものを食べた場合にも感染することがあります。予防法としては、食事の前やトイレの後は手を洗うこと。患者の便や吐ぶつに大量にウイルスが排出されているため、患者の便、吐ぶつを処理する際は使い捨てのエプロン、マスク、手袋を使用し、汚染された場所には次亜塩素酸ナトリウムなどを使って消毒することが重要です。また、その際使用したものはビニール袋に入れ密封して捨てましょう。

感染拡大を防ぐ

ノロウイルスの潜伏期間は24〜48時間といわれています。主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱は軽度です。これらの症状が1〜2日続き、その後はおさまります。後遺症もありません。感染しても発症しない場合や、風邪のような軽い症状の場合もあります。このような症状が出た場合、さらなる感染拡大を防ぐため最寄の保健所や、かかりつけの医師に相談してください。ノロウイルスは症状が出ない不顕性感染も認められています。また、下痢などの症状が落ち着いても、1週間から1ヶ月ほどはノロウイルスの排泄が続いていることもあります。これらのことから、特に食品に携わる人(家庭内で料理をする人も含む)は、感染を防ぐよう自覚しましょう。